« 6月15日のあれこれ | トップページ | 6月16日のあれこれ »

2004.06.16

「医療情報誌」に医師法違反の広告が?

歯科医が「歯悪いとアトピー、がんに」--福岡の医院
  福岡市博多区の歯科医院の院長が「アトピー性皮膚炎やがんなど万病の原因は歯」などとして無資格で、歯以外の診療行為をしている疑いが強まった。
(中略)
 医院は93年開設。院長は著書やホームページなどで現代医学を「歯と全身の関係を無視している」「人類を滅ぼす」と批判している。

 関係者によると、院長は他の歯科医が治療で使った歯科用金属を「口の中で溶けて体内に蓄積され有害」として除去し、独自開発をうたう金合金と交換。かみ合わせを調整する「歯臓治療」と称した診療をしている。著書では「治った」とする患者の声を多数掲載。治療を受けた患者は「見つめるだけで水を浄化できる」ともPRしている。

 毎日新聞の取材に院長は「歯は臓器だ。現代科学で証明できないこともある」と話した。


 あれ? これ、どこかで見たことが…と、こないだの「医療情報誌」を見たら…

i/ha

…あの医療情報誌、手当たり次第に広告とってやがる。

 おまけに、この本、第12回日本トンデモ本大賞受賞作だし…

|

« 6月15日のあれこれ | トップページ | 6月16日のあれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「医療情報誌」に医師法違反の広告が?:

« 6月15日のあれこれ | トップページ | 6月16日のあれこれ »